万美 feat. MES “暗間”

  • move
  • exhibition
  • 17:15

書道家 万美とMESのコラボレーション作品「暗間」。

この作品は2019年12月28日から2020年1月13日の間、西武百貨店・渋谷店で開催された「万美個展 Calligraf2ity」展で発表された。

制作にあたり、それぞれの表現を練り上げてきた渋谷のクラブ、広義の渋谷の夜をテーマとした詩を作成し、それらを万美が最古の書・篆書で書き上げ、MESがレーザーアニメーション化し、万美の展示にヒントを得て掛け軸のように空間を仕上げた。

放たれる光によって次々に上書きされ変化する掛け軸は、ネオン街にしばしば現れるグラフィティの様式を表していると云え、詩や文字が浮かび上がっては消えていく様子が詩がリリックとなって息づいていくかのように見えてくる、まったくあたらしい作品となっている。

フォトアーカイブはこちら

This is a collaborated work between calligrapher Mami and artist team MES.

The work was presented at the “Mami Solo Exhibition Calligraf2ity” at the art gallery of Seibu Department Store’s Shibuya Store between December 2019 and January 2020.

Shibuya, the city where Mami and MES have both made their roots in expression.MES created a poem on the theme of the club where each expression had been elaborated, namely the night in Shibuya, Mami wrote it in the oldest calligraphy ”Tensho”, and MES laser-animated it to create a space that resembled a hanging scroll, inspired by Mami’s exhibition.

The laser hanging scrolls, which are overwritten and changed one after another by the light emitted by them, seem to express the style of graffiti that often appears in the neon streets, and the way in which poems and letters appear and disappear makes the poems seem to come to life as lyric.

「万美個展 Calligraf2ity」展
2019年12月28日[土]-2020年1月13日[月]
西武渋谷店8F 美術画廊
入場無料

書/Calligraphy

レーザーインスタレーション、作詩/Laser Installation, Poetry Writing

  • MES

楽曲提供/Sound