“OUTTA STEP” CLUB IN MUSEUM Day1 “THE OPENING CEREMONY”

  • pen
  • art

オープニングパーティーを飾る豪華出演者6組を紹介。

ワタリウム美術館地下、オンサンデーズにて開催する新井健個展、”OUTTA STEP”。本展覧会の会期中には作品の契機となったクラブ青山蜂、そしてMESに縁の深いアーティストを招いた本気のパーティーを開催する。その初日を飾るオープニングパーティーは、新井が核をなすMESが現在の形に至る契機をくれたキーパーソンを招聘した一夜となる。
オープニングパーティーのGO予約はこちらから

蜻蛉-TOMBO-

自身の作ったトラックと即興マイクパフォーマンスで根元的な魂の在り方を紐解く音楽家。20171月、1st Album“TOKYO MAD CAVE”をリリース。他にもSakiko Osawa, Lotus Land, Muff, J.A.K.A.M等のRemixも手掛けている。東京都渋谷区を中心に魂解放区最前線 乱痴気大騒動「蜻蛉祭」を不定期開催中。

蜻蛉-TOMBO- Official Web Site
Sound Cloud
YouTube

〈MESから〉MESをクラブ青山蜂と出会わせてくれたブラザー的存在。MESとのコラボ最多アーティストであり、渋谷を中心に数えきれないステージを渡り歩いている実力者。また自イベント「蜻蛉祭」など豊富なオーガナイズ経験から本パーティーのブッキングにも大きく協力を得ています。

 

O.N.O (THA BLUE HERB/STRUCT)

THA BLUE HERBの全トラックメイクを手掛け、その手ひとつで独自のサウンドを展開し続けているO.N.O。現在までにソロプロジェクトあわせて11枚のアルバムを発表し、シーンの中枢を鋭く抉る独自の楽曲群を生み出し続けている。独自に編み出したドラミング理論の再解釈や bpm、グリッドの制約から解放されたトラックは新たなフィールドへの挑戦をし続ける。機材と肉体との有機的な合奏によるライブパフォーマンス”O.N.OMachineLive”

反復し変質し続ける音の連続体ミニマル テクノ プロジェクト“onomono”
あらゆる音楽と現場を通過し選び抜かれたインスピレーションは、境界を突き崩し前進する。
O.N.O Official Web Site

〈MESから〉MESがクラブ青山蜂にてジョインしたパーティーで、一番初めに衝撃を受けたDJ。この度のラブコールに札幌からワタリウムへ。紹介するまでもなく、30年に渡って日本のHIPHOPトラックを牽引して来た人物。そのプレイの深さをぜひ体感して下さい。必聴です。

 

living dead (U.G.R.R.)

ストリートアート集団、Under Ground RaILL Roadのトラックメイカー。 バウンシーなヒップホップベースの楽曲制作を最も得意としつつ、重低音ダブリミックスからメロウなアコースティックサウンドまで、振り幅広く音楽と音響を追求する生粋のミュージック・ラバーでもある。掬い上げた玉音をデジタルに落とし込み、様々な機器を駆使して磨き抜かれた最高音響でダンスフロアのヘッズ達を音の涅槃へと導く。 近年タイや台湾など海外でのプレイも積極的に行ない、トラックメイキングと共にDJとしての活動にも力を注いでいる。

2013年1stアルバム”Private Anthem”をMONOADAPTERよりリリース。 2015年ギタリストMarron a.k.a. dubmarronicsとのユニットDEAD MARRONICS名義でアルバム”SOMATERIAL”をSoftribeよりリリース。 スケートボードシーンからの支持もありTIGHTBOOTH PRODUCTION、GRAPEVINE ASIA、SKATE ATOMへのサウンドトラック、NAGAN SERVER、BUPPON、焚巻、STINKY SCIZA(BongBros)、Coumolyなどラッパーへの楽曲、MANTIS、BIJA、COLTECO、犬猿、Meisoが所属するユニットLIONZ OF ZION、インドネシアの民族楽器奏者ヴキール・スヤディー(SENYAWA)のRemix、ワークウエアメーカー”senelier”や革工房”yes crafts inc”等の企業が作成したPVへ音源を提供、写真家やペインターの個展用にMIX CDを製作する等、多岐にわたって活躍している。

〈MESから〉京都を拠点、関西から九州を中心に活躍するliving dead氏。昨年はANAGRAでの”SEMISSION”に急遽出演を決定、思わず目を瞑って揺れたくなる快さ、激シブサウンドを奏でてくれた。最良のRELAX空間へ導いてくれるハイレベルなライブを堪能して下さい。

Sakiko Osawa

日本大学芸術学部音楽学科卒。音響学やメディア・アートを学び、大学院卒業後はプロジェクション・マッピング、映像ディレクションの分野でも活動。並行して、渋谷・道玄坂のウォームアップバー「しぶや花魁」を根城に音楽活動を展開中。

2014年2月にミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」設立と同時に、オランダ・アムステルダム ” 7 Stars Music ” から「Tokyo Disco Beat」で世界配信デビュー。iTunes エレクトロニック アルバムチャートにて2位を記録する。以降はショウダユキヒロ監督のMVが話題を集めた「Gimme Action feat. Saga Bloom」、人気ファッション・ブランド「THE TEST」とのコラボレーションによる「Zodiac」、斎藤ネコ氏のバイオリンをフィーチャーした「Fullmoon」、CD HATA氏やTonbo氏がリミキサーで参加の「Chronic」など、継続的に意欲作をリリースし続けている。

スリリング且つソリッドでありながら、艶やかなジャパニーズ・ビューティを想起させるサウンドを持ち味に、System 7の名曲「Positive Noise」や、starRo「カクレンボ feat. Chara」 、ナマコプリ「SUSHI PARTY」、Nao Nomura(BASS WORKS RECORDINGS)など幅広いジャンルの楽曲のリミックスワークを担当。

DJとしても上海やアムステルダムに加え、東京の様々なクラブやパーティ、「ENTER.Sake」「WIRED CLASH」などのイベントにも出演。最近は、ライブセットや演奏家との即興セッションを行うなど、シーンの垣根を越え独自のスタンスで活動中。
OIRAN  MUSIC/Biography
Sound Cloud

〈MESから〉青山蜂でのパーティーでの出会いから、数々のパーティーで共演してきたMESのお姉さん的存在。VJやメディアアートにも明るく常に最先端を知るクラブの猛者。Sakiko Osawa氏が奏でるクラブサウンドはMESにとって定番。クラブ初心者も玄人も踊れるDJ、楽しんで頂きたい。

 

さらに!今回は以下のゲストも決定!

Sh0h


Sh0h(ショー)
HUMAN BEATBOX公式日本チャンピオン。

マイケル・ジャクソンの右腕であるトラヴィス・ペイン氏にその実力を認められ、直々に契約を交わした世界を股にかけるHUMAN BEATBOX ARTIST。10代の頃から世界大会のGUEST SHOWCASEや、TVCM等の出演を経験。ドイツで開催されたHUMAN BEATBOXの世界大会では日本代表として出場し、アジア最高順位であるBEST16を獲得。
その他にも、世界最大級のトークショーである”TEDx”や大型野外フェスティバル”SUMMER SONIC”に出演する等、その唯一無二のスタイルで全世界を魅了する次世代アーティスト。

NINO/IKIOI
Other YouTube Playlist

〈MESから〉MES初個展”MAYDAY”クロージングパーティーにてMES初のゲストアーティストとして招聘したHuman Beatbox Artist Sh0h。以来、MESの活動の方向性を定めた映像作品”Re:Humanize”を共作。最近では青山蜂のアニバーサリーパーティーや企業パーティーといった場で”Re:Humanize”のライブ公演を実現。Sh0hの奏でる音の凄まじいグラデーション、そして滅多に見られないMESとのコラボレーション、刮目下さい。

DJ SHOTA

2006年、自身初の挑戦となるDJバトル「Teens DJ CHAMPIONSHIP 2006」で日本チャンピオンに輝き、その後も数々の大会で上位入賞を果たす。さらに2009年、世界最大規模のDJバトル「DMC JAPAN
DJCHAMPIONSHIPS 2009」バトル部門で日本の頂点に立った。同年9月、ロンドンで行われた世界大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2009」ではベスト8、2013年、ポーランドで開催された「IDA WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2013」では世界4位、そして2015年、6年前にバトル部門で日本一の栄光を手にした大会「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2015」のシングル部門でも優勝。日本代表として10月に世界大会へ再度挑戦し、世界5位という成績を収め、自身の名を世界に刻んだ。

これらの経歴は誰よりもターンテーブルを楽器として楽しんできたという記録であり、DJ SHOTAが唯一無二の作曲家であり、演奏家である事を示している。現在は東京をベースに、ショーケースやクラブプレイを展開。DJ SHOTAが奏でるリセットデザインされたサウンドを是非体感して欲しい。

〈MESから〉Sh0hからの引き合わせにより出会いを得て、今回初共演するDJ SHOTA氏。出会ってのちMESが手合わせを渇望していた数少ないアーティストでもあります。今年10月に開催されるKYOTO EXPERIMENTにて山城千佳子さんの作品にてSh0hと共演予定、今後アート方面での活躍もさらに期待される世界屈指のDJプレイを堪能して下さい。

イベント概要については下記をご覧ください。

新井健 Solo Exhibition “OUTTA STEP
MES presents CLUB IN MUSEUM
Day1「THE OPENING CEREMONY」
9月15日[土] 19:00-23:00
1Drink 付当日¥2,500、前売予約¥2,000
前売予約フォーム/Reserved Form
ワタリウム美術館オン・サンデーズ地下書店

協賛 LX

SOUND LIVE

  • Sh0h
  • living dead
  • 蜻蛉

DJ

  • O.N.O (blue herb)
  • DJ SHOTA
  • Sakiko Osawa

VJ

  • MES